2012-10-16 13:27 | カテゴリ:other
☆アロママッサージを行うリラクゼーションサロン*ソレイユ*です☆
☆ご予約状況はこちら☆☆☆
☆メニューはこちら☆☆☆
☆大切な方のケアをあなたの手で行うためのトリートメントレッスンはこちら☆☆☆

こんにちは
お久しぶりです(^u^)

・・・本日は文字ばかりの内容です・・・

あんなに暑くて厳しい夏だったのに、その暑さが懐かしくなるくらい
日に日に寒さが増してゆく今日この頃
朝お布団から出られなくて寝坊続きです。
・・でも日中は暖かいか

さて、ご存じかと思いますが
私達の体は、外の環境が暑くても寒くても
体内温度を一定に保つという機能が働いています。
だもんだから
夏は体内が暑くなり過ぎないように、外へ熱を放出するような働きをしますし
寒い時期は熱を逃がさないような働きをします

(なんでそういう機能が働くか・・って詳しく知りたい方はサロンでお伝えしますね
ここでは長くなってしまうので・・)

気温が下がり始めたころ、
急激に肌のくすみや潤い不足を感じられた方も多いんじゃないかしら・・

外の気温の低下にたいし、
体温を下げないよう内臓などの体の内部に多くの血液が集まるから
その結果、一番外側のお肌の血液循環が不活発になり、
新陳代謝の低下が起こり、
それが乾燥やら、くすみやらシミの定着、等々・・などにつながるのです。

・・ヒィ(;_;・・

今年の夏、私は野外活動がとっても多く、
紫外線防御しても太刀打ちできないという状況にいましたので
お顔に大きなシミが出来てしまいました(泣)

加えて、この気温低下による新陳代謝の不活性

ほうっておいたら完全に定着してしまいます。
・・・それはイヤ~・・

できてから間もないシミならば、完全に消えないまでも
目立たなくなる位薄くできる!!と信じ
毎日朝晩一生懸命お手入れしてるのですが
その甲斐あって、少しシミが薄くなってきましたよ。

どんなお手入れかというと、
ごく普通の方法ですが、とても効果を感じたのは

①水分をコットンにたっぷり浸し優しくパッティング。
 時々肌を触ってみて、ひんやりした感触になるまで行う。
 ( 角質層を充分潤します。)
 
 ※コットンはお水で先に八割位ひたひたになるよう湿らせ、
 そこへ化粧水を500円玉大位の量、足した物を使用しています。
 

②シミに対応した美容液をお顔全体に塗布
 しみ込んだら、シミが気になる部分のみへ再度塗布。

最後は保護のためのクリームを塗布。

潤い分が少ない状態の肌へ美容液やクリームを塗っても
浸透しにくい、狙った効果が発揮されないと言われていますが、
その通りだな、と実感。

①②以外に、
週に一度、古くなり溜まった角質を優しく落とすお手入れを取り入れています。

参考までに、次回のブログは、どんな化粧品を使用しているかご紹介しようかしら

血液のめぐりが少しでも良くなるように
湯船にちゃんと浸かる、軽い運動、
砂糖を控え体を温める食べ物を多めに採ることも心掛けてます


シミに注目し、お手入れをしていると、途中濃くなったように見える時期があります。
これは、周りのお肌のくすみがとれ肌色が明るくなったことにより
シミが浮き出て目立って見えるから。
決して濃くなっているのではありません。

「薄くならないじゃん!」と、この時点であきらめてお手入れを止めてしまうと、
それで終わってしまいます。

根気よく、結果を焦らず、継続する
これ、ポイントだと思います。


○最後まで読んでいただきありがとうございました
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aromasoleil.blog61.fc2.com/tb.php/338-afc7af3d