2011-01-18 15:46 | カテゴリ:other
軽度ですが花粉症の私、対策として飲み始めましたハーブティー

名前は「ネトル」西洋イラクサ
コピペですが代表的な作用は以下のよう
(ハーブサプリを取り扱う代理店様のHPより引用いたしました)

ネトル Nettles和名はイラクサ
同族が日本にも生息していますが種は異なります。最近では花粉症・じんましん等のアレルギー症状に、副作用が無く、安全な坑ヒスタミン剤の代替として最も利用されています。
花粉症の方の70%はこのハーブで症状の緩和が見られます。
また、ミネラルやカルシュウムを始め、鉄分やマグネシュウムなどの重金属を多く含みますので、貧血気味の方に、授乳中のお母さんには母乳の分泌を高める効果もあります。
尿酸の排泄を高め利尿作用に富み、血液の浄化作用がありますので神経痛やリウマチにも利用されます。


そして、知人のハーバリストからはこのようなアドバイスいただきました。
花粉症の人はティーとして飲用するよりも食べちゃって下さい。・・と。
もしティーにしたなら茶葉は捨てずに食べて下さいね・・・と。
「ネトルはいいハーブですよぉ~
美味しいですし、食べちゃって下さいね・・」と繰り返して仰っていました。

そのアドバイス通りお茶として飲んだ後、ティーパックをピリピリと破りネトルを取り出し
トーストに乗せたりご飯の上に海苔のつくだ煮と一緒に乗せたり、あるいはそのまま、食べるようにしています。
ネトルは青海苔に近い風味があります。

ハーブサプリメントとしてカプセルに入った物も流通しているのでそちらも良いと思います。
(お勧めのメーカーがありますのでご興味あったらお問い合わせ下さいね。通販してるハズなので)
ティーパックをその都度破って食べる事がめんどくさくなってきたらサプリに切り替えるかもしれませんが
できるだけ切らさないようにネトルを採り続けてみたいと思います。

br_banner_cloverよつば
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aromasoleil.blog61.fc2.com/tb.php/210-6c7de426